【くどオフ優勝構築】連続爆破 金属音サンダー【3世代シングル】

くどやんさん主催のくどオフで使用した構築です
なんか優勝できました。

Document-page-001

ルール

エメラルドでのシングル見せ合いあり6350。
(3位決定戦・決勝はXD)
フラット機能なんてないため、カイリュー、バンギラス使用禁止。
ミュウツー、ミュウ、ルギア、ホウオウ、セレビィ、カイオーガ、グラードン、レックウザ、ジラーチ、デオキシス使用禁止。
「ナゾのみ」と「ナゾのみ」から変化するきのみ及びこころのしずくの禁止。
重複催眠禁止。
お互いにソーナノ・ソーナンス・メタモンがいた場合(膠着状態の回避するために)選出禁止。
詳しくはくどオフルール詳細

ポケモン 性格 技1 技2 技3 技4 特性 持ち物
メタグロス いじっぱり コメットパンチ リフレクター じしん だいばくはつ クリアボディ ラムのみ
カビゴン いじっぱり すてみタックル じしん シャドーボール じばく めんえき こだわりハチマキ
ゲンガー むじゃき 10まんボルト サイコキネシス おにび だいばくはつ ふゆう クラボのみ
サンダー ひかえめ 10まんボルト じんつうりき めざめるパワー[くさ] きんぞくおん プレッシャー オボンのみ
ソーナンス ずぶとい みちづれ アンコール カウンター ミラーコート かげふみ たべのこし
レジアイス なまいき れいとうビーム 10まんボルト でんじは だいばくはつ クリアボディ せんせいのツメ

パーティ決定までの経緯

3世代シングルバトルと聞き最初に思ったのは、XDサンダーを使いたいということだったので、
3世代対戦勢のブログを漁り、金属音サンダーまたはバトンタッチサンダーを使用した構築を探したところ、
poeさんのバクーダ入り金属音サンダーのコンセプトの一つである、大爆発で頭数を減らすというのが、対戦をほとんどしなく且つ3世代対戦始めての自分には分かりやすかったので、
この構築のうち3体(サンダー、メタグロス、ゲンガー)を努力値等そのままパクり、
鉢巻兼自爆要員としてのカビゴン、相手のソーナンスを選出させないためのソーナンス、そして特殊受け(主に金属音サンダー)兼身代わり対策要員のレジアイスを入れた。

個別解説

メタグロス @ ラムのみ
特性:クリアボディ
個体値:31-31-31-31-31-31
努力値:H188/A92/B4/D4/S220
性格:いじっぱり
コメットパンチ
リフレクター
じしん
だいばくはつ

前述したとおり構成はpoeさんのパクり。
今一使い方が分からず、予選では活躍しなかったが、決勝リーグでは見事な活躍を見せたポケモン。
リフレクター(と高い素早さ)を持つことによって相手のメタグロスに強くなったメタグロス。
これだけしか、Aに振ってなくても十分な火力を見せてくれた。

カビゴン @ こだわりハチマキ
特性:めんえき
個体値:31-31-31-31-31-31
努力値:H4/A252/B106/D148
性格:いじっぱり
すてみタックル
じしん
シャドーボール
じばく

決勝戦におけるMVP。
爆発で頭数を減らす、そして3世代対戦ではこだわりハチマキは最も優先すべき道具だという情報から生まれたポケモン。
poeさんの構築のカビゴンは通常の残飯型なのだが、構築全体でこだわりハチマキを採用しておらず、
それが初心者の自分にとって不安だったので、カビゴンに持たせることになった。
予選ではあまり活躍しなかったが、決勝戦でサンダーの苦手なポケモンを爆発で処理することに成功した唯一のポケモン。
探しても鉢巻カビゴンの調整が見つからなかったため、Aに極振りし、特殊耐久は磁石控えめサンダーの雷2発、物理耐久はガラガラの骨ブーメランを1発耐えるくらいまで振った(たしか)。
絶対にもっといい調整がある。

ゲンガー @ クラボのみ
特性:ふゆう
個体値:31-30-31-31-31-31(理想は31-31-31-31-31-31)
努力値:A58/B196/C4/S252
性格:むじゃき
10まんボルト
サイコキネシス
おにび
だいばくはつ

poeさんのパクリその2。
methodズレがひどかったため、この個体で妥協した。
努力値は個体値に合わせて、poeさんのを少しいじっただけ。
実は一度も選出しなかった。
理由としては、4世代以降における襷ゲンガーのイメージが強く、耐久に振ったゲンガーの使い方が分からなかった、
おにびの命中率(75%)が信用できなかった、そして大爆発の火力を甘く見てた。
相手の鬼火ゲンガーは強かった(こなみ)

サンダー @ オボンのみ
特性:プレッシャー
個体値:31-10-31-30-31-31
努力値:B4/C248/D4/S252
性格:ひかえめ
10万ボルト
じんつうりき
めざめるパワー[くさ]
きんぞくおん

poeさんのパクリその3であり、この構築におけるエース(のはず)
ラグラージやサイドン等に刺さるめざ草のほうが氷よりいいと聞いて、XD周回して乱数したが一度もめざ草は使わなかった。
オボンが発動したときもそれほどなかったため、別の道具のほうがいい気がするけど、何も思いつかない(貝殻の鈴とか?)
金属音は相手のカビゴンに安易な居座りを許さないなど強かった。
エースのはずなのだが、その記憶がない。
大体は後ほど詳しく述べるが爆発を躊躇ったせい。

ソーナンス @ たべのこし
特性:かげふみ
個体値:31-0-31-20-31-31
努力値:H60/B244/D204
性格:ずぶとい
みちずれ
アンコール
カウンター
ミラーコート

ルールの性質上相手がソーナンスを持ってる場合、お互いのソーナンスが選出できないのを利用した、相手のソーナンス選出を防ぐためのソーナンス。
爆発でサンダーが苦手なポケモンを処理するとは言っても、途中戦闘に出す時はあるだろうし、その時にかげふみされたらめんどくさいという理由で入れた。
この段階でカビゴンは鉢巻持ちが確定したため、残飯が余ったのだが、GBA対戦においては残飯が鉢巻と同レベルに重要と聞いて持たせられることになったポケモン。
SEKIEIGYMの構成をパクろうとしたのだが、載ってる努力値の合計が516になってるため、Bを削った。
選出する予定は無かったのだが、選出したところ相手の場を見事にかき乱してくれた。

レジアイス @ せんせいのつめ
特性:クリアボディ
個体値:31-30-31-31-31-30(理想は31-31-31-31-31-31)
努力値:H244/A248/C4/D12
性格:なまいき
れいとうビーム
10まんボルト
でんじは
だいばくはつ

初めて成功した電池有RS乱数の個体。
初期Seed:0x00000D21 (1201分)
フレーム:11452F
理想は6Vと言ってるが、method1には少なくても生意気6Vは存在しない(method4は知らない)
最後まで迷った枠で、最初は水タイプで考えていた。
スイクンは乱数難易度的に無理ゲーなので諦め、電気に強いルンパッパとラグラージがあがったが、
ルンパッパだとpoeさんの構築と5/6被ることになり、リフレクメタグロスがばれるかもしれなかったので、ラグラージにした。
のだが、Twitter上でXDサンダーをめざ草で積もるという話が呟かれるようになったため断念。
最終的に金属音を無効化でき、尚且つ特殊耐久が高く、そして爪を持たせることによって身代わり戦法に対応できるレジアイスを採用した。
大爆発も使えるため、かなりこの構築あってると思ったが、金属音打ってる来るサンダーに当たらなかった、身代わり戦法にも当たらなかった、大爆発も打たなかった。

結果

予選ブロックでは1勝2敗。
poeさんが3勝し、他の2人は自分と同様に1勝2敗だったため、残数の合計が多い自分がpoeさん共に決勝リーグへ。
決勝リーグ1戦目(というより準決勝)では、別の予選ブロックで全勝したゴンzさんと対戦。
予選では活躍しなかったメタグロスだが、見事三タテ(最後は爆発)する。

決勝戦では、シンさんと対戦。
バクーダが重かったが、カビゴンで処理することができて優勝。
決勝戦の動画

反省点

まず、対戦離れしすぎた。
サンダーにコメパン打って「電気に鋼って効果はいま一つなんだー」と驚くくらい対戦してなかった。
期間でいうなら、前回指振りパでサークル・オブ・レジェンドに参加したのを除くと、6世代含めても1年間くらい対戦してなかった。

そして根本的にそんなに爆発しなかった。
3世代では大爆発・自爆のダメージ計算時に相手の防御を半減して計算するので非常に強力なのですが、
今一火力が分からず、サンダーが苦手なポケモンを爆発で処理→サンダーで残りを処理という流れを一度も組めなかった。
決勝戦ではカビゴンがサンダーが苦手なバクーダを処理したが、結局はメタグロスがすべてを持って行った。

決勝戦で爆発の強さは思い知ったので、次回は遠慮なく爆発したいと思います

サブコンテンツ

このページの先頭へ