【海外配信】gamescomフレフワン・カラマネロ/gamescom 2015 Aromatisse・Malamar

ドイツにて8月5日から9日まで開催されたGamescom 2015にて配布されたシリアルコードを2つ入手できました。

ポケモンフレフワンカラマネロ
配信期間2015/8/5-2015/10/31
入手可能ソフトOR
リージョンPAL
親名Shigeshige
色違い通常色固定
性別ランダム
ID08055
レベル50
持ち物リリバのみとつげきチョッキ
特性アロマベールあまのじゃく
性格のんきいじっぱり
トリックルームばかぢから
いやしのはどうはたきおとす
かなしばりからげんき
ムーンフォースいわなだれ

イベント自体がチケットの購入の必要があったり、そのチケットが売り切れてたり(現地で購入できる午後のみの入場券はあった?)しており、
シリアルコードの複数入手自体も容易ではなかったようで、つい先ほど受け取りまくったジラーチの一部を差し出して入手した経緯は省くとします。

表を見れば想像がつくかもしれませんが、gamescomでは2つのコードが配布されましたが、
そのコードをどのバージョンに入力するかによって入手できるポケモンは変化します。
今回私が入手したフレフワン・カラマネロはORでのみ入手でき、
ASではヤミラミ・バッフロンが入手できます。
(つまり、私は後2つこの貴重なコードを入手しないといけないという……
そもそも現在所持してる欧州ASが周回用というもんだいもありますが)

また、この4体のポケモンは森本茂樹さんによって決定されました。
親名から分かった人も多いかもしれません。

ちなみに2014年のgamescomではモンスターボール柄のビビヨンのコードが配布されたようです
当時ではパリでの現地配信しかなかったため貴重だったみたいですね
そのビビヨンのコードを入力した場合は、後日行われたwifi配信のモンボビビヨンは(gamescomビビヨンとwifiビビヨンが同一配信扱いされたため)受け取れなかったようですけどね

……wifi配信来るな、何体のジラーチが生贄になったと思うのだ

追記:
8月10日現在
gamescomヤミラミ、そしてもしかしたらフレフワンもインターネットを使った通信交換に出せないようです。
去年のWCSギルガルドと同じで孵化産ではないのに卵技を覚えてるからだと考えられます。
(ヤミラミの自己再生、フレフワンの金縛り、ギルガルドのワイドガードは遺伝技)
つまり、それらの技を消せば交換できるかもしれないということでもあります。

間違えだったようです、警告してた人はメガ石持ちのヤミラミをXYに送ろうとしてたようです

サブコンテンツ

このページの先頭へ