【横浜CL使用デッキ】改造ハンマーオーロット


チャンピオンズリーグ2018 横浜に参加してきました。
あいにく結果を残すことはできませんでしたが、finalとは違い全敗しなかったことと備忘録として使ったデッキレシピを書きます。

デッキレシピ

ボクレー4
オーロット4
オーロットBREAK3
カプ・テテフ1
エーフィEX1
ネクロズマGX1
カプ・テテフGX2
シェイミEX1

ポケモン 17
ハイパーボール4
バトルサーチャー4
改造ハンマー4
レッドカード2
すごいつりざお2
レスキュータンカ1

グッズ 17
プラターヌ博士4
N3
フレア団のしたっぱ2
ミツル1
グズマ1
センパイとコウハイ1
カリン1

サポート 13
次元の谷4

スタジアム 4
基本超エネルギー4
ミステリーエネルギー4
ダブル無色エネルギー1

エネルギー 9

デッキ選択の理由

大会において最も多いのはゾロアークルガルガンであり、それにサーナイトそして行進やグソクムシャが続くと予想し、
ゾロアークに勝てるオーロットが最強なのではないかということと、
私のような初心者でもグッズロックで相手を事故らせればワンチャン持てる思いオーロットを選択。
基本のベースは日本チャンピオン決定戦2017準優勝レシピでそれを弄った。

個別解説

日本チャンピオン決定戦2017準優勝レシピと特筆して違うものだけ解説。

エーフィEX
サイレントフィアーと2回言った後にゾロアークGX(ゾロア)を倒すために採用。
メタグロスGXやサーナイトGX等にブラックレイしてから、ミラクルシャインしたり中々便利。

改造ハンマー
狂気の4投
もともとは改ハン3クラハン2だったが、表出ないと弱い+クラハンを特殊エネルギーに使っていることが多かったため、
改造ハンマー4枚入れることになった。
ゾロアークGXにもニコタマ全部割れば勝てる(はず)。

すごいつりざお
レスキュータンカ
元のレシピではポケモンのリカバリー用のグッズはつりざお一枚だったが、
ゾロアークGXに狩られながら絶えず「かくせい」しなければいけないこと、ポケモンを山札に戻すためだけにカリンを使用したこともあったことからタンカが増え、
エネルギーの枚数もシビアだったこともありつりざおも2枚になった。

レッドカード
「ブラッディアイ」でロックを解除した際にサーチャーでサポートを手札に戻していたサポートや、事前に手札に加えていたルガルガンGXを流したりできる最強のカード。
相手の手札を流したいけど、N以外のサポートを使いたいときにも便利。

結果

予選

 
2勝3敗(自動ドロップ)

VS ゾロアークGX+ルガルガンGX
負け
じゃんけんに負けるが、相手が事故っているようで、ウソッキースタート後ろにゾロア置いてニコタマ張ってエンド。
これは「かくせい」しながら改ハンで割るしかしかないとプラターヌをするが触れず、
オーロット前で返すがドローが神っていたようで、ゾロアークGXニコタマを一気に引かれ展開される。
ウソッキーは引いたニコタマで逃げられライオットビート。
その後も改ハンで割りながら「かくせい」しようとするも全然触れずライオットビートで圧死されて負け。

VS マーシャドーGX+ルガルガンGX+ガマゲロゲEX+ジジーロンGX+レジロックEX+ギラティナ
勝ち
「ブラッディアイ」によるロック解除、マーシャドーのストエネ+ベンチレジロックの逆上の火力等危ういところは多々あったが、
改ハンでストエネやニコタマが割れたこと、途中レジロックをバトル場に呼び出すことができ、それを逃がすのにニコタマ2個消費したことも合わさったのか、デッキを引ききっても必要なカードが引けないとのことで降参されて勝ち。
ギラティナも出されたが、BREAKしているのが1体程度なら、BREAKせずとも問題なく戦えたため余り問題とは思いませんでした。

VS ゾロアークGX+ルガルガンGX
勝ち
ロックすると事故ったようで、(おそらくドローするために)シェイミでスカイリターンするが、なぜかウソッキー前。
そのままサイレントフィアー連打。
途中後ろのポケモンが倒されるが、イワンコのHPが60だったためサイレントフィアーで残り数枚のサイドとって勝ち。

VS ゾロアークGX+グソクムシャGX
負け
アズサでゾロアを並べられたが、ニコタマを一つ割り、「良し、今回は改ハン引けてる」と安心したが、
その後ゾロアークGXへの進化から取引やドロサポでカードを引きに行っていると思ったら、
グソクムシャが見えて、基本エネ入ってるのはダメと絶望。
最終的には草エネ2枚のゾロアーク等に殴られて負け。
ルガゾロにおまけ程度に入ってる基本闘程度ならともかく、ここまでがっつりと入ってると無理でした。

VS グソクムシャGX+マニューラ+カプ・コケコ
負け
コソクムシ、ニューラ、バリヤード等が相手のベンチに並ぶ。
カプ・コケコの回転飛行を連打されるが、こちらも負け時とサイレントフィアー。
しかし、ニューラがマニューラに進化され回転飛行のダメージも合わさり悪の掟で弱点を突かれBREAKが倒され、
後ろのシェイミやオーロットにもダメカンが載る。
エネルギーが草エネルギーのため割れず、後ろのポケモンを縛る余裕もなく、悪の掟連打で負け。
(グソクムシャ1回も出てこなかったな)

ここで、自動ドロップになったので、サイドイベントへ

3on3

VS イベルタルBREAK+イベルタルEX+ガマゲロゲEX
負け
災いの夜連打で負け
後ろのゲロゲを縛ったとき際もテテフグズマされ、ほとんどドロサポ打ってないのに毎ターンエネルギーを張れてしまう悪デッキは無理でした。

VS サーナイトGX+エルレイド+オクタン
負け
手札事故
スタートカプ・テテフ(GX非ず)、手札にネクロズマ、ドロサポハイボなし。
4,5ターンドローエンドを繰り返し、相手は順調にサーナイトを育てる。
種切れを防ぐためネクロズマを出すがグズマで狙われるが打点足りずに生き残る。
隠してあった谷とニコタマで死に際のブラックレイでテテフとサナ1体ずつにダメカンを乗せ倒された段階でようやくドロサポ。
サイレントフィアー連打→ミラクルシャインでなんとかサイドを取っていくが序盤動けなかったのが響き、
最後プラターヌで超エネルギーに触れれば勝ちまで追い詰めるも引けず相手に先に解決札を引かれて負け。

VS マーシャドーGX+ミュウ+よるのこうしん
勝ち
なぜか先攻を譲ってくれる。
スタートしたネクロズマを逃がせなかったため、先1ミツロットに失敗。
向こうも行進パーツを落とそうとするも、事故ってるようでほとんど落とせず、
そのままフィアー連打でミュウやバケッチャを落とす。
途中シェイミループに入られるが、ネクロズマに超2エネ分ついていたためプリズムバーストで倒して勝ち。

1Dayバトル

VS グソクムシャGX+ダストダス
勝ち
先1ミツロットに成功し、相手のレインボーやニコタマを改ハンで割りながらサイレントフィアー連打。
途中グズマでロックが解除されダストオキシンがたつが、ある程度ダメカンが載っていたためフィアーを追加後ミラクルシャインで倒す。
そのままロックし続けて勝ち。

VS マーシャドーGX+よるのこうしん
勝ち
テテフGXスタート、ドロサポなしの大事故。
相手は比較的順調に回し、次のターン私がポケモンを出すことさえできなかったため、
テテフGXワンパンによる勝利を狙ってきたが、こうしん要因がサイドに数体行っていたらしく打点が10足りず生き残る。
種切れ防止のためエーフィを出し、Nやカリンを打っている余裕がないと言いながら、プラターヌでオーロット3体BREAK2体トラッシュに送りながらドローするが、ボクレーもハイボも引けず。
テテフとエーフィが倒され、ようやくハイボを引けボクレーをだし(デッキにボクレー4体いた模様)、カリンを言いながら覚醒。
ようやくロックを開始、途中シェイミループが入るが、Nやレッドカードで流し続け相手は再度行進パーツを落とすこともできず勝ち。

VS グソクムシャGX+ダストダス
勝ち
じゃんけんに勝ち、手札にボクレーとミツルの現物という最高のスタート。
そのままロックし、フィアー連打で勝ち。

反省点・採用候補

前に動けないポケモンを縛りながらフィアー連打をするというのが非常に大事だと痛感しました。
レシピを見ればわかるように、オーロットが大幅に狩られることを前提としている動きが多く、
ダストオキシンには困らなかったためクセロシキやブロアーを入れなかったのだが、
かるいしを剥がせないがために前に縛れないという場面も意識せずとも数多くあったと思われるため、そこは改善するべきかと思った。
また、かるいしを採用していないためグズマだと融通が利かない場面もあったため、フラダリの採用も視野に入れたいとも思った。
また、有利なデッキには事故っても勝利できる・または勝利目前までいけると思い知ったが、
同時に事故った際そこに持ち込むためのプレイイングは特に重要で、数ターン先を見据えてつりざおでエネルギーを多めに戻していれば等後々にでてきたミスは多かったです。

結果としては予選2勝3敗と残念な結果になってしまいましたが、
finalの全敗よりは一歩前進できたと前向きに考え精進したいと思います。
(そもそもの話、変にオーロットとか握らないで、ルガゾロでも素直に使った方が良かった説ある)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ